2015年4月28日火曜日

ロイストン教会のウェディングドレスコレクション

本日のブログは当教会の敷地内にございます、
ウェディングサロンのドレスの一部をご紹介したいと思います。
礼拝や一般開放などで礼拝堂をご覧になった方は多くいらっしゃるかもしれませんが
ウェディングサロンはご結婚式をされる方がご利用になる所ですので
残念ながら一般の方にはなかなかお見せする機会がございません。
実は、100着ほどのドレスが保管されております。

ウェディングドレスと一言で言っても種類は様々。
代表的なラインをご紹介します。

◆Aライン◆
すっきりとコンパクトな上半身に対して、ウエストから裾にかけてアルファベットの「A」のようにエレガントに広がるラインです。ウエストの位置を高く見せてくれるのでスタイルがよく見えるのが特徴です。

◆プリンセスライン◆
その名の如く、おとぎ話に出てくるようなお姫様ドレス。ウエストから大きくボリュームを出した華やかなデザイン。スカートの下にパニエをはき、ふくらみを出します。

◆ベルライン◆
ウエストに切り返しがありスカート部分がベル(釣鐘)の形をしたふわっとしたデザインが特徴です。

◆マーメイドライン◆
上半身からひざにかけて身体にぴったりとフィットし、ひざから下は流れるように裾が広がるラインです。大人の雰囲気たっぷりのドレス。

◆エンパイアライン◆
胸の下に切り替えがあるのが特徴で、ハイウェストから裾へ流れるようなラインです。ギリシャ神話の女神のようなクラシカルな雰囲気です。締め付けがあまりないためマタニティドレスとしても人気があります。



長いリボンが特徴の人気の一着です。

レースの袖がとてもクラシカルな雰囲気の一着

形は似ていますが、左がベルライン右がプリンセスライン

裾の長い豪華な一着

最近とても人気のあるミニドレス

カラードレスの定番、淡いピンクの女性らしい一着

とても存在感のある真っ赤なドレス

こんな個性的なドレスもあります


まだまだ人気のドレスはたくさんあるのですが、今日はこの辺で。。

ドレス選びは結婚式においてとても重要な作業のひとつです。
納得のいくまでじっくりとご覧頂き、特別な一日のとっておきの一着をお選びいただきたいと思います。
パートナーズクラブウェディングサロンでは心を込めてそのお手伝いをさせていただきます。

本日はほんの少しではありましたが、ロイストン教会の裏側をお見せいたしました!


さて。
もうすぐGWが始まりますね!
ロイストン教会では以下の日程で教会敷地内を開放しております。
ご興味のある方、お時間のある方はぜひ遊びにいらして下さいませ。
横浜中華街や山下公園、外人墓地、港の見える丘公園など有名観光地を訪れつつ、
一足延ばしてお散歩コースに入れていただければと思います。

4月29日(水)10:00~17:00
5月2日 (土)10:00~17:00
5月3日 (日)10:00~17:00
5月4日 (月)10:00~17:00
5月6日 (水)10:00~17:00

尚、当教会でご結婚式をお考えで、
上記の一般開放日にご見学をご予約された方には
パティシエの特製ケーキをご賞味頂ける様ご用意しております。
是非ご連絡下さいませ。

それでは皆様、引き続き素敵な1週間をお過ごし下さい。


山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2015年4月25日土曜日

4月26日の礼拝

教会のお庭で綺麗な花の植え寄せをしておりますが、実はこちらはヨーロッパの古いレンガの
煙突だそうです。
こんなに立派な煙突が屋根に立つお宅とはどれだけ素晴らしいお屋敷だったんでしょうか・・・

さて、明日の礼拝では
「私達を取巻く環境の中で愛を持って生きるには」
をテーマにお話をいたします。

讃美歌の63番「いざやともよ」、
34番「いのちのたびじは」、
7番「主のみいつと」を
皆様ご一緒に歌いましょう。



礼拝は18時より行います。
開場は17時30分より、どなたでもご参加いただけますので、
ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2015年4月21日火曜日

ロイストンハース特製レーズンサンドレシピ公開!!

昨日は春の嵐で台風のような風でしたが、ロイストン教会の草木は
なんとか耐え忍んでくれたようです。。


さて、本日のブログは、当教会でご結婚式をされる方が
打ち合せなどでいらっしゃる際に、お茶菓子としてお出ししております
一番人気のレーズンサンドの秘蔵レシピを大公開いたします!!!
(写真右下のお菓子です)

商品化を希望する声もたくさんいただいておりますが、
添加物等一切入っておりませんのでなかなか実現は難しいようです。

見た目は素朴ですが、味は絶品☆
休日の午後のおやつにいかがですか?
ぜひ一度挑戦してみてください!!

材料
------------------------------
◆クッキー◆
バター・・・・・・・・・・・250g
粉糖・・・・・・・・・・・・100g
生クリーム・・・・・・・30cc
ココア・・・・・・・・・・・10g
バイオレット・・・・・・240g
カメリヤ・・・・・・・・・・60g
アーモンドスライス(クランチ)・・・お好み

◆バタークリーム◆
卵白・・・・・・・・・・・・80cc
上砂糖・・・・・・・・・・270g
水・・・・・・・・・・・・・・54cc
バター・・・・・・・・・・・400g
マーガリン・・・・・・・140g
ラム酒・・・・・・・・・・36cc
バニラエッセンス・・適量

◆レーズンのシロップ漬け◆
レーズン・・・・・・・・・300g
水・・・・・・・・・・・・・・150cc
砂糖・・・・・・・・・・・・50g
ラム酒・・・・・・・・・・20cc
ブランデー・・・・・・・20cc
------------------------------

①まずはレーズンのシロップ漬けを作ります。
分量の水に砂糖を入れて沸騰させ、
一度冷ましてからラム酒・ブランデー・レーズンを加え一晩置きます。

②翌日になりました。
バタークリームから作りましょう。
分量の水と砂糖を沸騰させ、シロップ液を作ります。
砂糖が完全に溶けた後は冷まし、
卵白に加えてメレンゲ状になるまでひたすらかき混ぜます。

③メレンゲがもったりとした状態になったら、
バターとマーガリンを少量ずつ徐々に加えて混ぜていきます。

④③がしっかり混ざったら、ラム酒・バニラエッセンス・①のシロップ漬けを
加えて更に混ぜます。
バタークリームが完成しました!
とりあえず冷蔵庫に入れておきましょう。

⑤次に、クッキー生地を作ります。
バターを常温に戻し、粉糖・生クリームの順に加えてしっかり混ぜます。

⑥続いて、ココア・バイオレット(薄力粉)・カメリヤ(強力粉)を⑤に加え
しっかりと混ぜていきます。

⑦クッキー生地が練りあがったら、口金をつけた絞り袋に入れ、
クッキングシートを敷いた天板に絞ります。
(生地同士がくっつくといけないので、ある程度間隔をあけて絞ります)
お好みで生地の真ん中にアーモンドスライス(もしくはクランチ)を乗せて下さい。

⑧余熱で暖めたオーブンに⑦をセットし、150度で約15分程焼きます。
(オーブンにも個性があるので、焼き加減を見ながら調節して下さいね)

⑨さあ!クッキーが焼けました。
焼きたてのクッキーを常温に冷まします。
冷めたら冷蔵庫に入れておいたバタークリームをたっぷりサンドして・・・

完成



い、、、意外と大変です。

ちなみにこちらのレーズンサンドは
箱根の某有名ホテルでシェフが習得したレシピなんだそうです。
美味しいものはやはり手間がかかるものなのですね・・・。

しかしながら手間をかけた分、味は折り紙つきです。
これを機会に是非、試してみてくださいね。

それでは皆様、引き続き素敵な1週間をお過ごし下さいませ。


山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2015年4月18日土曜日

4月19日の礼拝

今日のお写真は倶楽部ハウスA番館に飾っている薔薇。
春らしいピンクでとっても可愛いです。

今日は天気もよく、
大変気持ちの良い一日となりました。
山手の町をお散歩している方を沢山見かけます。

さて。明日の礼拝ですが、
「憲法改正論議によせて」
というテーマでお話をする予定です。

讃美歌の63番「いざやともよ」、
34番「いのちのたびじは」、
7番「主のみいつと」を
皆様ご一緒に歌いましょう。

礼拝は18時より行います。
開場は17時30分より、どなたでもご参加いただけますので、
ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。


山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2015年4月14日火曜日

オススメ!4月の横浜イベント

肌寒い気候の中不安定な天気が続き、
山手の桜もすっかり散ってしまいました。
今週末のお天気は少し回復しそうで嬉しい限りです。

今日のブログは当教会のことではなく、
今月横浜エリアで催されるオススメイベントをご紹介する回にしたいと思います。
いずれもワンコインで楽しめますよ。


山手ロイストン教会事務局オススメイベントその①

『オルガン・1ドルコンサート Vol. 191』
場所:横浜みなとみらいホール 大ホール
詳細はこちら。

みなとみらい大ホールのパイプオルガン、“ルーシー”の演奏を楽しむ催しです。
ほぼ毎月1度、1ドルもしくは100円という料金で貴重な楽器の音色を楽しめます。
今年のテーマは「バッハに魅せられた人々」ということで、
バッハ作品だけでなく、バッハから影響を受けた作曲家の作品を、
そのエピソードを交えながらお届けします。

ちなみに、次の開催は4月22日(水)
お昼と夕方の2公演となります。
前売り券なしの先着2020名様の限定コンサートです。
クラシック音楽がお好きな方や、珍しい楽器が好きな方は必見です!


山手ロイストン教会事務局オススメイベントその②

『裏フェス』
場所:石川町
去年の様子、及び今年の裏フェス詳細はこちら。
主催のリンクはこちら(Facebook)。

去年の同時期、約20年ぶりに復活を遂げた同イベント。
教会から谷戸坂を下っていくと元町商店街に出ますが、
商店街をまっすぐ進み、石川町駅を越える辺りで開催されます。
石川町の有名店55店舗が特別に屋台を構え、
全てのメニューが500円のワンコインで食べれてしまうという素晴らしいイベントなのです!

また、特別なイベントブースもあり、元祖フリチャチャの伝道師、
藤中一郎さんの濱チャチャダンスを楽しむ催しもあったり。。。
古き良き横濱を満喫できるイベントです。

開催は今週日曜日、4月19日の15時~の予定です。
尚、同イベントの収益の一部は聖母愛児園に寄付されるそうです。
素晴らしい取り組みだと思います。


山手ロイストン教会事務局オススメイベントその③
『横浜大道芸2015 in みなとみらい』
場所:みなとみらい21地区全域(計11会場予定)
詳細はこちら。

今年は横浜大道芸が始まって10周年の節目の年です。
1986年に開催された野毛大道芸から始まり、
現在では横浜桜木町~石川町の様々な場所で超人パフォーマンスを披露しています。

今週末4月18日~19日に行われる催しは1年に一度のビッグイベント!
横浜のいたる所でダイナミックな大道芸を楽しめるスペシャルな二日間です。
特にご家族連れのお出掛けにはオススメです。
楽しんだ後は、是非ありがとうの気持ちを込めた心付を忘れずに。


以上、オススメ横浜イベントでした。
今週末の横浜は賑やかになりそうです。

皆様も良い週末をお過ごし下さいませ。



山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2015年4月11日土曜日

4月12日の礼拝

今週は一変、肌寒い陽気となりました。
皆様もお風邪などひかれぬ様くれぐれもご自愛下さいませ。

今日のブログの写真は、
お付き合いのある農家さんより、
先日頂いた湘南ゴールドという柑橘です。
神奈川県のフルーツとして知名度が上がってきましたが、
まだまだスーパーなどでは買えないので嬉しい限りです。
こちらは今月に当教会ご結婚式をされる方々の
パーティにて楽しんでいただく予定です。

さて。
今週のお説教のタイトルは、
「愛とは慈しみのこころ、
思いやりの行動、そこから生じる
感謝の気持ちを持って生きること」
となっております。

讃美歌の63番「いざやともよ」、
34番「いのちのたびじは」、
7番「主のみいつと」を皆様ご一緒に歌いましょう。

また、特別讃美はピアノトリオで「夜のヴァイオリン」です。

礼拝は18時より行います。
開場は17時30分より、どなたでもご参加いただけますので、
ご興味のある方は是非お越し下さい。

尚、明日4月12日(日)10:00~17:00の間、教会を一般開放しております。
お時間のある方はぜひお立ち寄り下さいませ。


山手ロイストン教会事務局
TEL:045-625-1166

2015年4月8日水曜日

イースター特別礼拝のご参加ありがとうございました&グランマのティラミス

先日の日曜日、4月5日はイースター礼拝でした。
お忙しい中お集まりくださった皆様誠にありがとうございました。

今週は3月に舞い戻ったかのような気温、
そして雨という、不安定な春の気候を感じさせる1週間です。
山手の町でも綺麗に咲いていた桜が散り、
葉桜といった風貌になって参りました。

春の季節は当教会でもご結婚式のご希望が多い時期です。
先日、当教会における食を担当しているロイストンハースさんに新たなメンバーが増えました。
横浜元町の某有名レストランでパティシエをしていた方で、
現在も製菓学校講師への指導をされていらっしゃいます。
どのスイーツも本当に美味しく、パーティにご参列された方からも大変ご好評を頂いております。
パーティ中のデザートビュッフェをこっそり撮影。
シャイなシェフパティシエさんはこちらを向いてくれません・・・。

さて。
そんな素晴らしいパティシエさんに、先日ご結婚式をされた方から
『ティラミスのウエディングケーキを作って欲しい』というご希望を頂きました。
ケーキとしての見た目はちょっぴり地味ですが、エスプレッソのきいたさっぱりとした味わい。
ちょっと味わったことのないお味の絶品ティラミスは、
お二人、そしてご参列の方々も大変喜ばれていました。

このティラミスのレシピ、
パティシエにとっては思い入れのあるものだったそうで、
昔、フランス滞在中に知り合ったイタリア人のおばあ様から
イタリアの家庭の味としてレシピを教わったそうです。
ウエディングケーキの由来には諸説ございますが、
欧米では新郎から新婦へのファーストバイトには
「一生食べるのに困らせないよ」
新婦から新郎へのファーストバイトは
「一生美味しいものを作ってあげるね」
という意味を込めて行うセレモニーなのだそうです。

レシピ本やレストランでパティシエをされていた時代のティラミスよりも
母から娘へ、そして孫へと受け継がれていく素朴なティラミスが一番美味しいと
お話されるパティシエからは、この教会でご結婚式をされ、
これから家族となるお二人への暖かいエールが感じられました。

さて。
話は変わりますが、今週末の日曜日、4月12日は一般開放日です。
10時~17時までの間、当教会敷地内を開放しておりますので、
お近くにお越しの方や教会の調度品がお好きな方、歴史的建造物にご興味のある方など、
どなたでも自由にお散歩できますので是非足をお運び下さいませ。


山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2015年4月4日土曜日

4月5日のイースター特別礼拝


満開の桜を楽しむ期間は本当に短いですが、
桜吹雪もまた綺麗ですね。
朝のお掃除をしながら見とれてしまいました。

さて、明日の礼拝はイエス・キリストの復活を祝う、キリスト教において最も重要なイースター(復活祭)です。
当教会でもイースター特別礼拝を行います。

礼拝では「イースターをむかえて」
をテーマにお話を致します。

讃美歌の145番「めぐみのとき」
155番「空はうららに」
158番「あめには御使」を皆様ご一緒に歌いましょう。



また、特別讃美として
「よあけのほしが」
「主よ人の望みの喜びよ」
「アベ ベルム コルプス」
「アメイジング グレイス」を演奏予定です。

イースター特別礼拝は通常通り18時より行います。
開場は17時半より、どなたでもご参加いただけますので
ご興味のある方はぜひお越し下さいませ。
尚、教会お庭にてホットワインを用意しておりますので、
お車の運転のない方はぜひお立ち寄り下さいませ。

山手ロイストン教会事務局
TEL:045-625-1166