2016年1月5日火曜日

新しい1年の始まり&クリスマス行事のご報告

新年初のブログ更新です!
ryosuke氏からの年賀状イラストです♪
皆様、新年あけましておめでとうございます。
本年も山手ロイストン教会をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年の年末年始は暖かかったですね。
今日も1月とは思えないポカポカ陽気ですが、その反面
急に本格的な寒さが到来するのではないかと心配になってしまいます。
皆様もお身体くれぐれもご留意くださいませ。

さて。
昨年12月23日~25日に行われた当教会のクリスマス行事を
今回と次回で前後編に分けてご紹介させて頂こうと思います。
とっても素敵なコンサートプログラムはお馴染みのryosukeさんの作品。
シェイクスピアのテンペストからイメージを得たデザインとのこと。
今回のブログでは前編ということで23日のクリスマスコンサート&ランチイベントについて
ご報告をさせて頂きます。
コンサートには約80名の方々がお越しくださいました
今回のクリスマスコンサートはしっとりとクラシック音楽を楽しむという趣向で、
ファンファーレで開演した後、コンサートの前半はチェロの独奏。
バッハのチェロ無伴奏組曲第1番よりプレリュード、
メヌエット、ジーグと3曲をお届けいたしました。
曲が終わると、次の楽曲であるパッヘルベルのメヌエットを演奏しながら
楽団メンバーが聖壇前へ。
チェロ・ヴァイオリン・フルート・ピアノが聖壇前に揃い、
バッハのG線上のアリア、ポロネーズを演奏。
続いてヘンデルのオンブラマイフと私を泣かせてください。
手前味噌ですが楽団副団長及び聖歌隊主事の鈴木先生のソプラノはいつ聞いても素敵です。
最後の楽曲はアヴェマリア。
アンコールはトランペットも加わってホワイト・クリスマス。
コンサートが終了した後は倶楽部ハウスA番館でのランチパーティです。
忙しく準備をするシェフ達。
メニュー表もかわいいと大好評でした☆
ryosukeさんありがとうございます!
今年はクリスマスターキーを2種のレシピでご用意いたしました。
写真上から胸肉のバロティーヌパイ、腿肉の岩塩包み焼きです。
定番の国産牛ローストビーフは変わらない美味しさ。
今年のクリスマスランチもターキーとローストビーフをメインに自家製パンやチーズ、
甲殻類のソーセージ等、皆さんお腹一杯楽しんで頂けたようです。

そして最後は・・・・・
クリスマスケーキのブッシュドノエル♪
先日ブログでご紹介をしたケーキの特別版です!

当日は曇り模様で、残念ながら少し小雨に降られたりもしましたが、
ご参加下さった皆様が楽しい時間を過ごして頂けたら
スタッフ一同とても嬉しく思います。

教会は人々の集う場所であり、第二の我が家です。
違う環境で育った人々が、教会という場所で同じ事を体験し、同じ食事を分け合うことで
今回の催しを行った趣旨を感じて頂けていたらとても喜ばしく思います。

次回のコンサート&ランチイベントはイースターを予定しております。
今回ご参加が叶わなかった方やご興味のある方はぜひご参加下さいませ。

12月24日と25日のクリスマス礼拝に関しましては
次回のブログにてご報告をさせて頂きますので、お楽しみに♪

それでは皆様、引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会事務局
045-625-1166