2016年1月12日火曜日

クリスマス行事のご報告~後編~

ここ数日はぐっと寒くなり、やっと冬らしくなってきましたね。
昨日は成人の日でしたが例年に比べて今年は雨も降らず、割と良い気候で
振袖姿の新成人たちには晴れやかな門出となったと思います。

さて。
本日のブログでは先週火曜日に続き、昨年のクリスマス行事のご報告を
させて頂こうと思います。
前回は12月23日に関してご報告をさせて頂きましたので、
今回は12月24日のクリスマスイブ礼拝と翌25日のクリスマス礼拝についてです。
昨年も一昨年と同じく平日の開催となりましたが、お忙しい中
多くの方が集って下さいました。
クリスマスイベントのリーフレット。
ryosukeさんの手書き文字がとっても可愛いと好評でした☆
まずは24日のクリスマスイブ礼拝から。
開場後、ホールにて週報とプレゼントのクリスマスカードをお手渡し。
クリスマスに限らず、特別礼拝の週報は讃美歌集も含めた特別版です。
クリスマスイブ礼拝の週報
両日共に皆様へプレゼントさせて頂いたクリスマスカード。
ラインストーンは事務局スタッフが心を込めて張りました。
照明を暗くした状態の礼拝堂
皆で讃美歌の「久しく待ちにし」、「あら野のはてに」、「きよしこのよる」を歌い、
牧師からのメッセージは「悪魔の囁き」をテーマに、
未練や嫉妬、執着や猜疑心といった人間の内なる悪に負けず、
正しい行いを選択する為にはどうしたらよいのかという事をお話させて頂きました。
礼拝の後は、教会のお庭にて身体を温めるホットワインをご用意。

クリスマスカラー一色のお庭をみなさん楽しそうにお写真に収めていらっしゃいました。
(実はイルミネーションもクリスマス時期限定で量を増やしています♪)
フラッシュを使用するとこんな感じです
翌日の25日、クリスマス礼拝も同じく18時開始でした。
25日の週報
25日はどちらかというとご家族の方向けの礼拝で、讃美歌が多めです。
当日は「あら野のはてに」「諸人こぞりて」「神の御子は」
「牧人ひつじを」「きよしこのよる」を皆さんで歌い、
牧師からのメッセージとして「キリストに与えられた機会を活かすには」をテーマに、
愛を持って生きることの大切さをお話しさせて頂きました。

礼拝の最後は室内楽団からの特別賛美「ホワイトクリスマス」をトリオで。
声楽・ピアノ・ヴァイオリン
タイミング悪く小雨が降り始めてしまったのですが、
クリスマス礼拝の後も前日と同じく、ホットワインをご用意させて頂きました。

ご報告は以上となります。

年の瀬も迫りお忙しい中お越し下さった皆さま、誠にありがとうございました。
以前当教会でご結婚式をされた方も多く、またお顔が拝見できて
私たちも本当にうれしかったです。

これからも地域の教会、そして多くの人々が集う心の故郷として
この地を守り続けていきますので、これからも末永くどうぞ宜しくお願い致します。

次回の特別礼拝は3月27日のイースターとなりますが、
日曜礼拝は通常通り毎週行っておりますので、ご興味のございます方は
是非お気軽にご参加下さいませ。

それでは、皆様も引き続き素敵な一週間をお過ごしください。


山手ロイストン教会

045-625-1166