2016年2月27日土曜日

2月28日の礼拝

もうすぐ3月になろうとしておりますが、まだ風が冷たい日が続いていますね。
今年はうるう年ですが、現在世界中で採用されているグレゴリオ暦は
当時の学者を招集し研究を重ね、より季節と誤差のない暦として
16世紀のローマ教皇であるグレゴリウス13世によって制定されたものです。

昔々のヨーロッパでは、神の作った世界の摂理に関する知識をより深めるという目的の下、
現代科学の進歩に繋がる様々な研究がすすめられていました。
その様な時代を経て、様々な科学の進歩、新たな発見による恩恵を
自身の信仰にかかわらず今日受けられるようになったのですね。

さて、話は変わり礼拝のご案内です。
明日は「あるがままの自分」をテーマにお話をいたします。
讃美歌の63番「いざやともよ」、
158番「あめにはみ使い」、
312番「いつくしみふかき」を集った皆で歌いましょう。

礼拝は通常通り17時半より開場、18時より行います。
どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

また、明日は一般開放日となりますので、こちらも通常通り10時~17時の間
敷地内を自由にご散策頂けます。
当教会のシンボルツリーであるミモザの木も、現在7部咲き程になりました。
黄色くふわふわの花がとてもかわいらしいです。
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。

それでは皆様も引き続き素敵な週末をお過ごしください。


山手ロイストン教会

045-625-1166

2016年2月23日火曜日

2016年のイースター行事のご案内

まだまだ寒い日は続いておりますが、日が延びてきたり、花の蕾が膨らんできたりと着々と春が近づいてくるのを感じられるようになってきましたね。

春を迎えますとキリスト教の重要な行事としてイースター(復活祭)があります。
当教会のイースター行事は以下の通り行いますので、
ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

★イースターコンサート&ランチイベント ~ミモザの会~
2016年3月20日(日)12時開演(11:30開場)
1名様 6000円 ※完全予約制となります。
教会礼拝堂で楽団によるコンサートを楽しんだ後、
ロイストンハースのシェフが腕によりをかけたお食事を楽しんで頂きます。
集った皆さんで一足早くイースターをお祝いしましょう。

★Promenade Concert Vol. 2
2016年3月27日(日)15時開演(14:30開場)
当日券一名様 2000円(前売り1500円)
今回はオーボエ・フルート・ピアノのトリオによるコンサートです。
木管楽器によるやさしい調べをお楽しみください。

★イースター特別礼拝
2016年3月27日(日) 18時開始(17:30開場)
どなたでもご参加頂けますので、自由な服装でお越しください。
礼拝後にはお庭でホットワインをお配りする予定です。

ご予約やご質問等は山手ロイストン教会事務局までお問合せ下さい。
tel: 045-625-1166


さて。
近年では日本でも信仰に関係なくイースターに因んだイベントが行われたり、
卵やウサギをモチーフとしたお菓子や雑貨などが販売されるようになってきました。
イースターというとモチーフとしてイースターエッグやイースターバニーがよく登場しますが、
彼らには一体どんな意味があるのかご存知でしょうか?
と、その前に。
イースターとは何かという事に少しに触れてみたいと思います。
イースターとはイエス・キリストが死後3日後によみがえった「復活」を祝う、
キリスト教の最も重要な祝祭です。
祝祭日は毎年変わるのですが、春分が終わって最初の満月の次に来る日曜日
(日曜日がキリストが復活したとされる日)をイースターサンデーと数えます。
西方教会ではグレゴリオ暦を使って計算をしますが、
東方教会ではユリウス暦を使用するので別の日にイースターを祝います。
(ちなみにユリウス暦ですと2016年のイースターは5月1日(日)となります)
当教会ではグレゴリオ暦の2016年3月27日(日)を祝います。

生命の誕生、そして生と死を表す「卵」を、「キリストの復活」と重ねたことから、
イースターエッグとして、卵が象徴的に使用されるようになったと言われています。
また、イースターエッグを運ぶイースターバニーはうさぎが多産であることから
豊穣のシンボルとして登場します。
キリストの復活を祝う日であるととともに長い冬を終え、春を祝う日でもあるのですね。

イースターについても少し知識を深めて頂いたところで。
イースターをテーマにした、横浜エリアの素敵なイベントをご紹介したいと思います。

まずは横浜平沼橋近くにあります「横浜イングリッシュガーデン」のイベントです。
約2000坪の敷地内に1100品種以上の薔薇を散りばめ、
本格的な英国式ガーデンを実際に体感できる、実に素敵な施設です。
◇横浜イングリッシュガーデンのHPはこちらから◇
横浜イングリッシュガーデンHPより
立派なイースターエッグツリーです
春の花々と彩色されたイースターエッグがかわいいですね。
エッグハントではないので、手を触れず楽しみましょう♪
ひとつひとつ手作りしたイースターエッグでガーデン内を飾るこちらのイベントは
3月27日まで装飾をお楽しみいただけますので、お天気のいい日に
お散歩がてらお出かけになるのもいいのではないでしょうか。

続きまして。
少し先のイベントになりますが、みなとみらいにある横浜赤レンガ倉庫では
4月2日(土)~4月24日(日)に「FLOWER GARDEN 2016」が開催されます。
◇同イベントの詳細はこちらへ◇
横浜赤レンガ倉庫HPより
今年で10回目を数えます春の恒例イベントとなりますが、
今年のテーマは「イースター」ということで色とりどりの植物と
イースターバニーの装飾がされるそうです。
また、期間中は毎日18時よりプロジェクションマッピングによる演出も行われるそうですので、
昼間とは違う幻想的な雰囲気が味わえそうです。
場所柄、ショッピングとともに楽しめそうですね。
以上、散策にピッタリなイースターイベントをご紹介させて頂きました。
これから徐々に暖かくなってまいりますので、宜しければ足を運んでみてくださいね。

それでは皆様、引き続き素敵な一週間をお過ごしくださいませ。



山手ロイストン教会
TEL045-625-1166


2016年2月20日土曜日

2月21日の礼拝

先日の春の嵐に続き、本日の夜から強い雨と風の予報となっています。
気温が高いため、本来であれば3月~4月にかけて咲くベニバスモモも
ミモザに続いて咲き始めてしまいました。
今のところ一輪だけですが、続々と咲きそうな気配です。
教会のシンボルツリーであるミモザも3分咲きというところでしょうか。
急に寒くなったりすると木々も弱ってしまいますので、心配なところです。
今朝のミモザの様子。

さて、明日の礼拝では前回に引き続き、
「自分を愛することは自分を大切にする事」をテーマにお話をいたします。

讃美歌の63番「いざやともよ」、
158番「あめにはみ使い」、
312番「いつくしみふかき」を集った皆で歌いましょう。

礼拝は通常通り17時半より開場、18時より行います。
どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

また、明日は一般開放日となりますので、
こちらも通常通り10時~17時の間敷地内を自由にご散策頂けます。
お近くへお越しの方は是非お立ち寄りください。
皆様のお越しをお待ちしております。

ご体調を崩される方が増えておりますので、
お身体にはくれぐれもお気をつけて、
皆様も引き続き素敵な週末をお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会
TEL045-625-1166

2016年2月16日火曜日

ロイストン教会のウェディングドレスコレクションPartⅢ

本日のブログは前回の火曜日に引き続き、
ロイストン教会のウェディングドレスをご紹介したいと思います。

まずはこちらのドレスから。
オフショルダーでデコルテがとてもきれいに見える、クラシカルなAラインのドレス。
どこか「ローマの休日」の思わせるような雰囲気ですね。
写真では少し見えづらいかもしれませんが、上半身部分は全面に刺繍が施されています。
こちらのドレス、実はとってもスタイル良く変身できるドレスです。
ドレスの胸元に厚みのあるパッドが入っており、より女性らしいラインにみせてくれます。
上半身が華奢な方にとってもおすすめな1着です。


続いては、ホルターネックのソフトマーメイドドレス。
胸元から裾の切り替え部分まで豪華に刺繍が施されています。
ひざ下からふわふわ揺れるチュール部分が素敵ですね。
ホルターネックの部分をドレスの中に入れて、ビスチェタイプとして着る方もいらっしゃいます。
どちらもとっても可愛いですよ。


続いて、こちらはオフショルダーで袖のあるタイプのドレスです。
このドレスはヨーロッパのアンティークドレスで、大変珍しいものです。
ジャストサイズの一品を探し当てるのは実は至難の業ですが、
教会の雰囲気にもとてもよく似合いお勧めです。
ディズニーみたい・・・!となぜか思ったスタッフ。


続いてはカラードレスです。
ウェディングパートナーズ倶楽部ではカラードレスのご用意もございます。
とりあえず・・・というところで今回は3着ご紹介させて頂きます。

まずは1着目。
爽やかなミントグリーンのエンパイアドレスです。
動きやすく、ガーデンパーティーにはぴったりのドレス。
ビジューサッシュをつけるとゴージャス感が増しますね。
色も淡くシンプルなドレスなので、小物やブーケ、花冠などでお好きな色味を加えてもしっくりきます。


続いては、カラードレスの定番色、ピンクのエンパイアドレスです。
アンティークな雰囲気のニュアンスピンクと控えめな刺繍が素敵なこちらのドレス、
トレーンがない為とても動きやすく、ロイストンのガーデンパーティにぴったりです。


最後の一着は、イタリアのアンティークドレスをリメイクしたものとなります。
今ではなかなか手に入らない、最高品質のイタリア刺繍が施されたチュールを使用しています。
胸元からウエストライン、そしてバックスタイルに黄色のお花の刺繍を散りばめており、
パーティーもぐっと華やかな雰囲気になりそうです。
後姿もとてもかわいらしいです。
これからの暖かくなる季節にぴったりですね。

いかがでしたでしょうか?
前回と2回にわたってお届けをしましたウェディングドレスコレクションですが
人気のドレスはもちろんのこと、隠れた一品も少しずつご紹介していきたいと思いますので
次の機会もどうぞお楽しみに!!
舞台裏:モデルさん、サロンスタッフさん、ご協力ありがとうございました!


週末の春の嵐から一転、また寒さが戻ってまいりましたが、
どうぞ皆さま、引き続き素敵な一週間をお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会
045-625-1166




2016年2月13日土曜日

2月14日の礼拝

今日は本当に暖かく、春を感じる一日となりました。
まずは今週のミモザ速報です。
本日のミモザ。ふわふわのお花が段々目立ち始めてきました。
明日はヴァレンタインデーにも関わらず、激しい春の嵐がやってくるという予報です。
そんな状況は露知らず、教会のミモザは驚きの速さで開花し始めています。
例年ですと2月末頃の咲き具合ですが、まだ2月中旬・・・。
明日のお天気次第ではせっかく咲いたお花が全て飛ばされてしまいそうで
皆ドキドキしながら見守っています。
側面からみてもちらほらと黄色い。
さて、明日の礼拝では、
「自分を愛することは自分を大事にすること」をテーマにお話を致します。

讃美歌は、63番「いざやともよ」、
158番「あめにはみ使い」、
312番「いつくしみふかき」の3曲です。

礼拝は通常通り17時半より開場、18時より行います。
どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。
皆様のお越しをお待ちしております。

この暖かさで早くも花粉が飛び始めているそうです。
花粉症の方には早くもつらい季節ですね。
風邪やインフルエンザが流行っておりますので
皆様もお身体十分ご留意ください。



山手ロイストン教会
045-625-1166

2016年2月9日火曜日

ロイストン教会のウェディングドレスコレクションPartⅡ

本日のブログは、過去にも大変反響がありました山手ロイストン教会ウェディングサロンのウェディングドレスのご紹介をさせていただきたいと思います。
ウェディングサロンには100着ほどのドレスがあるので、本日ご紹介できますのはほんの一部ではございますが、ぜひ参考にしていただければと思います。

まずはこちらのドレスから。
膝から下は流れるように裾が広がり、裾のデザインもとても素敵なマーメイドラインのドレスです。
全体的にとても大人っぽく、シンプルな中にも優雅でゴージャスな雰囲気が漂いますね。
トレーンが長いので教会にも映える一着です。
マーメイドドレスは実は一番体型を選びます。
平均身長以上で細身、もしくはグラマラスな体系の方にはとってもおすすめです。

続いてこちらはAラインのドレス。
胸元と背中に銀糸の刺繍が施された、大人シンプルな一着。
ハイウエストなので腰の位置を高く、足を長くみせてくれます。
背中はジッパーなのですが、閉じるとくるみボタン風になっております。
腰にリボンパーツをとりつけても可愛いです。

同じくAラインのチュールドレス。
ティアード状のチュールが女性らしい、ロマンチックな印象を与える1着です。
教会の中央通路の絨毯は、トレーンが摩擦によって引っ張られてしまいますので
肩紐があるドレスはずり落ちる心配もなく、きれいなシルエットを維持できるのでおすすめです。

続きましてプリンセスラインのふわふわドレス。
ウェデングサロンのドレスコレクションに新しくラインナップされた一着です。
胸元はハートカットで刺繍が施され、
ウエストからふわりと大きくボリュームを出した華やかなドレスです。
ビジューサッシュをつけると一層華やかに。
 ヘッドドレスのリボンボンネもとても可愛いですね。
人気の一着になるのでは?とスタッフもイチオシのドレスです。


続いて、シンプルなチュール素材のドレスをご紹介します。
このドレスの良さはなんといっても軽いこと!
ご存知の方も多いと思いますが、実はウエディングドレスってけっこう重たいんです・・・。

このドレス、シンプルなデザインではありますが、
計算されたシルエットで年齢を問わないドレスです。
 そして、このドレスは中に入れるパニエによってAラインでもプリンセスラインでも、
お好みのシルエットで着こなすことができるのも素敵。
今回はAラインのシルエットです。
ちなみにAライン、もしくはプリンセスラインは体型を問わない万能ドレスです。
小柄な方やぽっちゃり体系の方なども含め、どなたでも似合うデザインが多いです。
(ぽっちゃり体系の方は思い切ってビスチェタイプを着た方がすっきり見えたりします)

最後に、ガーデンパーティにぴったりなエンパイアドレスをご紹介いたします。
繊細なリバーレースを贅沢に使用した軽やかな印象のドレスです。
こちらのドレスも軽いので、新郎新婦が動き回るスタイルの
ロイストン教会のガーデンパーティにはぴったりです。
下目につけたショートベールもかわいい。

大分記事も長くなってきてしまったので、今回の紹介はこのあたりで。
まだまだ素敵なドレスが沢山ありますので、またの機会にご紹介させて頂きます。

今回の撮影は教会お隣のサロン館で行いましたが、
当教会敷地内はお写真の通り、どの場所も色とりどりの季節のお花が咲き、
緑に囲まれておりますことから、実は淡い色味が一番目立ちます。
その為ご新婦様がお色直しをする場合、
一番多いのはカラードレスではなく白ドレス→白ドレスだったりします。
次回のドレス紹介では是非お勧めのカラードレスコレクションも載せていこうと思います。

さて、話は変わりまして、今週の一般開放のお知らせです。
今週は2月11日の木曜日、そして13日の土曜日に一般開放を設けます。
いつも通り10時~17時までの間、自由に敷地内をご散策頂けますので、
お近くにお越しの方は是非お立ち寄りくださいませ。

それでは皆様も引き続き素敵な1週間をお過ごしください。



山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166

2016年2月6日土曜日

2月7日の礼拝




毎年3月に満開の時期を迎えるロイストン教会のミモザですが、
今年の冬は前半に暖かい日が続いたせいか蕾ができるのが例年より早く、
一部黄色く色づいて参りました。
少々心配ではありますが、爽やかなレモンイエローの満開がとても楽しみです。

さて、明日の礼拝では、
「自分を愛するために」をテーマにお話を致します。

讃美歌は、63番「いざやともよ」
158番「あめにはみ使い」
312番「いつくしみふかき」の3曲です。
皆様と共に歌い、主を賛美しましょう。

礼拝は通常通り17時半より開場、18時より行います。
どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。
皆様のお越しをお待ちしております。


山手ロイストン教会
TEL045-625-1166

2016年2月2日火曜日

日々探求!ロイストンハース

前回のイルミネーションがきれいなクリスマス風景も
大変好評だったのですが、より外観が分かりやすいものに
ブログの背景写真を変えてみました。

さて。
山手ロイストン教会の「食」を担ってくれているロイストンハースですが、
この度、新鮮な蝦夷鹿肉が手に入ったとのことで、素材を活かしたお料理を
試作品として用意してくださいました。

右から時計回りに・・・
・鹿肉のロースト
ロイストンハース不動の定番メニューというと、国産牛のローストなのですが
今回は鹿肉バージョンです。ソースはグレイビーソース。

・鹿肉の煮込み
赤ワインをベースにじっくりと煮込みました。

・鹿肉のソーセージ風
バラ肉をたたき身にし、香草とピスタチオを合わせ網脂で包んであります。
ソースはにんにくを使ったクリームソース。
下はカシスのパイが敷いてあります。

この日は見た目にも豪華でおしゃれなまかないでしたが、
もちろん味もとても美味しかったです。
鹿肉を口にするのは初めてというスタッフも何人かいたのですが、
断トツで人気を集めたのはソーセージでした。
鹿特有の香りが香草や味付けで抑えられ初心者向けだったのかもしれません。

元々お肉好きなスタッフにはローストが大人気でした。
グレイビーソースとの相性もバッチリ!!だったようです。
煮込みもほろほろと食感も柔らかくとても美味しかったです。
更に細かくしてパイにしてはどうか?という案が出るなど率直な意見も
シェフにお伝えし、更なる研究が続くことと思われます。

ロイストンハース発信のネット販売も実現に向け、日々試行錯誤の真っ最中。
まだまだ構想段階ではありますが、いつか皆様にも
“美味しいのは勿論、小さなお子様からご高齢の方にも安全・安心”
がモットーのロイストンハースの食の幸せをお届けできるよう、
引き続き頑張っていきますのでぜひ楽しみにしていて下さい!!

話は変わり、着々と更新されているryosukeさんのHPをご紹介いたします。
★From Ryosuke to Roystonへはこちらから★
こちらのHPはロイストンの為に描いてくださった作品のまとめてくださっているものです。
現在、昨年の作品を少しづつ更新して下さっています。
素晴らしいイラストを是非ご覧ください。

上記のHPの他、ryosukeさんの個人的な作品をまとめているHPも
更新を進めているようなので、併せて楽しんで頂ければと思います。
★Ryosuke's Private Portfolioへはこちらから★
まだ更新途中とのことですので、また進捗がありましたらお知らせいたします。

それでは皆様、お身体にはくれぐれもお気をつけて、
引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ。



山手ロイストン教会

045-625-1166