2016年3月29日火曜日

イースター行事、無事終了いたしました。

3月に行ったイースター関連行事が無事終了いたしました!

20日のコンサート&ランチイベント。
☆詳細はこちらの記事へ☆
室内楽団のイースター特別コンサート
コンサート後のランチパーティ
27日の第2回プロムナードコンサート。
今回は2部構成になっており、1部ではバロックを中心に、そして2部では皆様にも馴染みのあるカジュアルな曲を演奏致しました。
途中、楽器の説明なども交え、皆さまも楽しんでいただけたようです。

フルートとピアノの二重奏

フルート・オーボエ・ピアノのトリオ

最後はアンコールをいただき、楽団長と副団長も特別参加いたしました。

そして27日のイースター特別礼拝。
(写真がまだ届いていないので残念ながら今回は写真なしです・・・)


当教会ではご信者の方々への義務や制約等は一切ございません。
礼拝やその他教会行事へのご参加も自由です。
そんなのんびりした教会ですが、
お馴染みの信者さん、過去にご結婚式をされた方、
初めて教会へ来てくださった方、これからご結婚式を挙げられる方、
今回も本当に色々な方とお会いすることが出来ました。
皆様お一人お一人との出会いを、私たちはとても大切に思っています。
お忙しい中ご参加下さった皆様、本当にありがとうございました。

次回の特別行事は夏頃となります。
暑い最中となりますが、また新しい出会いや嬉しい再会があることを祈っています。


話は変わりますが、今週末4月3日の日曜日は一般開放日となります。
いつも通り、10時~17時の間、教会敷地を自由にご散策頂けますので是非お立ち寄りください。
山手町への坂道、谷戸坂~港の見える丘公園の桜も徐々に咲き始めましたので
お花見がてらお散歩もオススメです。
例年の4月上旬はこんな咲頃です

それでは、皆さまも引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ。



山手ロイストン教会

TEL:045-625-1166

2016年3月26日土曜日

3月27日はイースター特別礼拝です



写真は教会のお庭にある「ユスラウメ」ですが、今がちょうど見頃です。
残念ながら教会の敷地には桜の木はないのですが、
桜の開花も始まり春休みにも突入ということでお花見にお出かけの方もいらっしゃるでしょうか。
まだまだ寒さも残っておりますので風邪などにはくれぐれもお気を付け下さいませ。

さて明日はイースターです。
当教会でもイースター礼拝を行います。

「イースターを迎えて」をテーマにお話を致します。
讃美歌の145番「めぐみのとき」
158番「あめには御使」
298番「やすかれ わがこころよ」を皆で歌い、主を賛美しましょう。
明日は更に特別讃美としてロイストン室内楽団の演奏もございます。

礼拝は通常通り17時半開場、18時より行います。
また、礼拝終了後に教会庭にてホットワインをご用意しております。
どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方は是非ご参加くださいませ。

それでは皆様、引き続き素敵な週末をお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会
045-625-1166




2016年3月22日火曜日

2016年イースターコンサート&ランチパーティのご報告


来週の日曜日はイースター!
教会行事に忙しい山手ロイストン教会事務局スタッフ達ですが、
今年は3月20日の日曜日にイースターコンサート&ランチのイベント(通称ミモザの会)を行いました。

今年の冬はあまり寒くなかったため、当教会のミモザも咲き始めが早く、
満開は過ぎてしまったのですが、イベント当日はお天気もよく
教会のシンボルツリーとしてお客様を迎えてくれました。
(今回のイベントにご出席いただいた、以前こちらでご結婚式をなさったお客様が、ご自宅のシンボルツリーにミモザを植えるというとても嬉しいニュースも聞けました!!)

まずはコンサートの様子からご報告したいと思います。

今回もプログラムはRyosuke氏オリジナルのイラストです。

コンサートはピアノソロからのスタートでした。
~R.シューマン~
♪森の入口
♪もの悲しい花たち
♪別れ

~J.Sバッハ~
♪イタリア協奏曲 第一楽章
礼拝堂にピアノの澄んだきれいな音色が響きました。


続いて、ピアノ、バイオリン、フルートのアンサンブルです。
~F.メンデルスゾーン~
♪歌の翼に

~G.ヴェルディ~
♪乾杯の歌

~E.エルガー~
♪愛の挨拶

「愛の挨拶」は実はプログラムにはありませんでした。
ちょっとしたサプライズでしたが、エルガーが婚約者へ婚約記念に贈った曲というエピソードにちなみまして、当日お越し下さったお客様へ愛と真心を込めて演奏致しました。



続いて、オーボエとピアノの二重奏です。
~A.マルチェッロ~
♪オーボエ協奏曲

オーボエもピアノも流れるような音を奏で、とても素敵でした。
よく指が絡まらないな…と思わず素人目線の感想を述べてしまいました。


続きまして、室内楽団副団長によります歌声をお届けしました。
~G.F.ヘンデル~
♪私を泣かせてください
♪オンブラ・マイ・フ

~J.ニュートン ~作詞
♪アメイジング・グレイス

本当にいつ聞いても心に響く素敵な歌声です。
どうしてか涙腺がゆるんでしまいます。


最後の曲はジュピターを全員でお届け致しました。
とても迫力があり礼拝堂が壮大な雰囲気に包まれました。


約1時間の演奏をお楽しみいただいた後は、ロイストンハースによる
心を込めたお料理とデザートのおもてなしです。
シェフの皆さんがお客様へサーブいたします。
Ryosuke氏作のメニュー表。
イースタエッグとイースターバニーが描かれています。
お天気もよくガーデンのお席で楽しまれる方もいらっしゃいました。
ロイストンハース不動の人気を誇る自慢のローストビーフ。
皆さまにも大変喜んでいただきました。

そして、皆さまお待ちかねのデザートタイム♥
テーブルには春をイメージした10種類以上のデザートがずらりと並びました。
パティシエから簡単な説明とちょっとしたミニ知識を披露してもらい
皆さま熱心に耳を傾けて聞いてくださってました。
お食事でお腹がいっぱいでもデザートは別腹!
皆さまパティシエの説明を参考に楽しんで頂けたようで良かったです。

斎田パティシエによるデザートの説明
アプリコットと紅茶のムースと苺のチーズケーキ
TODAY'S SPECIALとして登場した“春のロールケーキ”。
左側は斎田パティシエお得意のチョコレートトリュフ(苺とピスタチオの2種)です

終始お天気にも恵まれ、無事にイースターコンサート&ランチパーティーを行う事が出来ました。
お忙しい中ご参加下さった皆さま、誠にありがとうございました。
そして室内楽団の皆さま、ロイストンハースのシェフを始めスタッフのみなさま、
次回のランチイベントもどうぞよろしくお願い致します。

来週日曜日の27日は18時より礼拝堂にてイースター礼拝を行います。
どなたでもご参加いただけますので、是非皆さまご参加下さい。
当日は教会お庭でホットワインをご用意しております。
(ホットワインも春仕様のスペシャルレシピです♪)

それでは皆様、引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ。



山手ロイストン教会
045-625-1166

2016年3月19日土曜日

3月20日の礼拝とイースターイベント

今朝は大雨となりましたが、午後には雨も上がり快晴となりました。
明日の礼拝は「キリストに与えられた機会を生かすには」をテーマにお話を致します。
皆で讃美歌の63番「いざやともよ」、
158番「あめにはみ使い」、
312番「いつくしみふかき」を共に歌い、主を賛美しましょう。

礼拝は通常通り17時半より開場、18時より行います。
どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

そして。
明日の礼拝前はイースターコンサート&ランチイベントがございます。
予報によるとお天気も良さそうで絶好のガーデンランチ日和となりそうです♪
ご予約の皆さま、明日は12時より礼拝堂にてコンサート、その後A番館にてランチとなります。
ランチではロイストンハースがイースターにちなんだお食事をご用意しておりますので
是非お腹を空かせて来てくださいね。

それでは、ブログをご覧の皆様も引き続き素敵な週末をお過ごしください。


山手ロイストン教会

045-625-1166

2016年3月15日火曜日

ロイストンハースの力作。~前編~

今日は本当に気持ちの良いお天気となり、絶好の撮影日和!
本日の事務局は、ロイストンハースのシェフ達と共に撮影を行いました。

ロイストンハースのお品は見た目の派手さはございませんが、着色料、香料、保存料等、
化学調味料を一切使わず、シェフ達がこだわりぬいた材料で一つ一つ丁寧に作っています。
勿論、使用するジャムやコンポート等も全て一から手作りです。
そんなロイストンハースの自慢の品々を、今日撮影したお写真と共に少し紹介させて頂きますね。
(教会員の皆様にはご提供をさせて頂いておりますが、
一般の方へのご用意は現在準備進行中でございます。
誠に恐れ入りますがもうしばらくお待ち下さいませ)

まずはこちら。
定番のしっとりパウンドです。
左からホワイトチョコレート+抹茶、マーマレード、いちじく、りんご(ふじ)
赤い箱にリボンという包装です
一番特徴的、かつ人気のりんご。
サンつがる、ふじ、紅玉等、その時々で違うリンゴを使用しており、味の違いを楽しめます。
手作りリンゴジャムをたっぷりと加えて焼き上げた、驚きのしっとり食感です!


抹茶はしっとりなのにとても軽い食べ応えで、幅広い年代に人気。

マーマレードはほんのりオレンジが香る、お子様に人気のお味。

いちじくは洋酒が香る大人向けの味となっています。


続きまして、さつまいものサブレです。
しっかりとした食感のサクサクビスコッティです
さつまいもの優しい甘みで、不思議と懐かしい味。
イタリア語で“2度焼いた”という意味のビスコッティは所謂固焼きクッキーですが、
こちらのレシピはしっかりと2度焼きしているにも関わらず、
ザクザクとした食感はそのままに、ご高齢の方にも楽しんで頂ける硬さとなっています。
紅茶やコーヒー、緑茶にもとっても合うんです!
お茶菓子にも丁度良いボリュームです。


まだまだご紹介したいのですが、長くなってしまいますので今回はここまで。
また次の機会にご紹介させて頂きますね。

尚、今週末日曜日に行われますイースターコンサート&ランチイベントにて
数量限定となりますが、これら自慢の品をご用意させて頂く予定です。
ご興味のある方は是非この機会にお試しいただければと思います。

それでは皆さま、引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会

045-625-1166

2016年3月12日土曜日

3月13日の礼拝


折角の満開のミモザもこの寒さに元気をなくしているようです。
寒暖差の激しい日が続いておりますので、ご体調を崩されませぬよう
皆さまくれぐれもお気を付け下さいませ。
暖かい春が本当に待ち遠しいです。


明日の礼拝は
前回に引き続き「自分を愛するには」をテーマにお話をいたします。
礼拝は通常通り17時半より開場、18時より行います。
どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

讃美歌の63番「いざやともよ」、
158番「あめにはみ使い」、
312番「いつくしみふかき」です。
皆様と共に歌い、主を賛美しましょう。


山手ロイストン教会

045-625-1166

2016年3月9日水曜日

3月11日 教会一般開放のお知らせ。

皆さまこんにちは。
本日は冷たい雨となりました。
寒暖差の激しい日が続いておりますので
ご体調を崩されませぬよう十分にご留意くださいませ。

山手ロイストン教会では3月11日(金)は教会の一般開放をさせて頂きます。
開放のお時間は10時~17時となります。
どなた様もご自由にお入りいただけます。
共に祈りをささげましょう。

山手ロイストン教会
045-625-1166

2016年3月8日火曜日

本日はミモザの日。

本日はイタリアの街中が黄色く染まる日、ミモザの日です。
現在教会のミモザも満開となり、訪れる人を楽しませてくれています。
そこで、この可愛いお花を皆様におすそ分けさせて頂こうと、
本日限定で自由に持ち帰れる花束を教会に置きました。
イタリアではミモザの日に男性が大切な女性へミモザの花束を贈るそうですので、
タイミングよく前を通った方は是非是非!
写真右側のミモザの木から少しお花を頂きました。
こんな感じで正門に設置。
簡単にですが保水処理もしています。
本日中になくならなければ明日も引き続き置かれる予定です。
ミモザがお好きな方、是非持ち帰っておうちに飾って下さいね。

そして、本日のロイストン教会ではロケーションフォトの撮影が行われておりました。
とっても素敵なお二人の為、事務局スタッフが早速ミモザの日限定のプレゼントを用意。
それがこちらです。
教会のミモザで作ったブーケ
勿論お揃いのブートニアも。
お二人も喜んで下さって、スタッフもとても嬉しくなりました。
せっかくなので・・・ということで、ロイストン教会のミモザの木の下で、
同じミモザで作られたお揃いのブーケ&ブートニアにチェンジして撮影を行いました。
お二人の思い出の一ページに加えて下さったと思うと、感動もひとしおです。
久しぶりにブーケを作ったスタッフ。
小ぶりで可愛いブーケになりました。
花束にならない小さな枝は、ミモザの砂糖漬けになる予定です。

今週末の一般開放日は3月12日の土曜日を予定しておりますが、
まだミモザはきれいに咲いていると思いますので、
是非皆さまお立ち寄りくださいませ。

ちなみに、敷地内にある倶楽部ハウスの梅も満開でとってもきれいなので、
こちらも併せてお楽しみ頂ければと思います。

今週末は真冬に戻ったかのような気温という予報が出ておりますので、
是非暖かい格好でお出かけください。
それでは皆様、引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ


山手ロイストン教会
045-625-1166

2016年3月5日土曜日

3月6日の礼拝

3月に入り、ここ数日暖かい日が続いていますね。
とは言え日中は暖かくとも日が沈むと急に気温が下がったりもする季節です。
ご体調を崩されませぬよう皆様も十分ご留意ください。
教会のミモザも見頃を迎えました
さて。
明日は3月最初の礼拝です。
「自分を愛するには」をテーマにお話をいたします。
礼拝は通常通り17時半より開場、18時より行います。
どなたでもご参加いただけますので、ご興味のある方は是非ご参加下さいませ。

讃美歌の63番「いざやともよ」、
158番「あめにはみ使い」、
312番「いつくしみふかき」を集った皆で歌いましょう。
また、明日の日曜日は一般開放日となります。
ミモザや梅に続き、続々と春のお花たちも咲き始めておりますので、
お近くにお越しの際は是非お立ち寄りくださいませ。
一般開放の日は10時~17時の間敷地内を自由にご散策頂けます。

イースターも近づき、教会も徐々に準備で忙しくなって参りました。
コンサート&ランチイベントも現在若干ではございますがお席がございますので、
ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。

それでは皆様、引き続き素敵な週末をお過ごしくださいませ。



山手ロイストン教会
045-625-1166

2016年3月1日火曜日

ラウンドブーケを作りました♪

結婚式に欠かせないアイテムの一つであるブーケ。
当日に限らず、衣装合わせではよりイメージをしやすいように、
そして前撮り(結婚式とは別日に行う写真撮影)でも必須のアイテムになってきます。
しかし、毎回生花で用意することは困難!
というわけで登場するのがイミテーションブーケ、いわゆる造花なのですが・・・
最近の造花を侮ることなかれ!
一昔前のトイレの流しにぽろっと置かれていたようなものとは全くの別物であります。

先日、写真室のリクエストで新たにラウンドブーケを一つ作りました。
ということで、今回のブログでは「ブーケってどうやって作るの?」という疑問にお応えすべく
ブーケづくりの工程を簡単にご紹介したいと思います。
ちなみに今回のブーケは前撮り用で花材は全てシルクフラワーを使用しております。

まずは材料。
ブライディ(ブーケホルダー)とオアシス代わりの発泡スチロール玉。
お好きな花材(今回は白とグリーンのブーケを作ります)
アートワイヤー(20~22番)、フローラルテープ、木工用ボンド
必要な材料は以上です。
生花でラウンドブーケを作るときは発泡スチロールではなくオアシスの玉を使用。
(オアシスはしっかり水を含ませて下さいね)
接着も木工用ボンドではなく生花用接着剤を使用します。

①花材の準備をします。
この工程、けっこう時間がかかります。

シルクフラワーは花と茎が簡単に外れてしまうので、木工用ボンドを使ってまずは補強をします。
茎が柔らかいものや極端に太いものは花の部分にワイヤリングを行います。
一通り下準備が終わったら接着剤を乾かすため一晩置きましょう。
お写真ですとよくわかりませんが、茎と花の境目に接着剤を流しています。
②翌日、花材の接着剤が乾いているのを確認してから、

発泡スチロール玉をブライディにセットします。
ピッタリのサイズはなかなか無いので、カッターで切りながら調節して下さいね。

②全ての花材にワイヤリングを施し、フローラルテープを巻きつけます。
時間がかかります。地道な作業です。
一緒に作るブートニア用に良き大きさのお花と葉を事前により分けておいてください。
せっせとワイヤリング。
フローラルテープはグリーンを使用して下さいね

④全ての花材にワイヤリング、フローラルテープを施したら、
花材の長さを10センチ前後で揃えます。
そして、いよいよブライディに刺していきましょう。
ボンドを茎につけたら・・・
位置を定めて・・・
ぐいぐい刺していきます。
大きい花材である程度大枠を決めてから、様子を見て刺していきます。
大きい花材からどんどん刺していき、小さい花材で間を埋めるイメージです。
しっかりと丸い形になるようにバランスを見ながら形をつくっていきます。
ただし、手で持つ部分までお花で覆ってしまうと持ちにくいので要注意です。


⑤ブライディにリボンを巻いていきます。
巻き終わったら、飾りのリボンをとりつけてブーケは完成です。


⑥ブーケとセットのブートニアも作りましょう。
(工程の写真を撮り忘れてしまいました・・・)
事前に選り分けておいた花材をまとめて、花の位置を調整します。
位置が確定したらフローラルテープを巻き、一つの束にまとめましょう。
あとはリボンを巻き付けて、飾りリボンをワイヤーでつけるだけ♪

ブートニアは10ミリ幅くらいのリボンが丁度良いです
お揃いがかわいいですね

⑦花材が余ったら、是非ヘアードも作りましょう。
ヘアードの工程もブーケ花材と同じです。
ただし、ヘアード用の花材は茶色のフローラルテープをお勧めします。
頭につけたとき、日本人の髪色にうまくなじんでくれます。
まきまきしましょう。

以上でブーケ・ブートニア・ヘアードの3点セットが完成です♪

生花の存在感には敵いませんが、お写真だけであれば十分な美しさです。
時間はかかりますが、ご自身の前撮り用に手作りするのも
良い思い出になっておすすめです。
是非ご自身のお好きな花、そしてお色味で世界に一つのブーケを作ってみて下さいね。

それでは皆様引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ。



山手ロイストン教会
045-625-1166