2016年3月22日火曜日

2016年イースターコンサート&ランチパーティのご報告


来週の日曜日はイースター!
教会行事に忙しい山手ロイストン教会事務局スタッフ達ですが、
今年は3月20日の日曜日にイースターコンサート&ランチのイベント(通称ミモザの会)を行いました。

今年の冬はあまり寒くなかったため、当教会のミモザも咲き始めが早く、
満開は過ぎてしまったのですが、イベント当日はお天気もよく
教会のシンボルツリーとしてお客様を迎えてくれました。
(今回のイベントにご出席いただいた、以前こちらでご結婚式をなさったお客様が、ご自宅のシンボルツリーにミモザを植えるというとても嬉しいニュースも聞けました!!)

まずはコンサートの様子からご報告したいと思います。

今回もプログラムはRyosuke氏オリジナルのイラストです。

コンサートはピアノソロからのスタートでした。
~R.シューマン~
♪森の入口
♪もの悲しい花たち
♪別れ

~J.Sバッハ~
♪イタリア協奏曲 第一楽章
礼拝堂にピアノの澄んだきれいな音色が響きました。


続いて、ピアノ、バイオリン、フルートのアンサンブルです。
~F.メンデルスゾーン~
♪歌の翼に

~G.ヴェルディ~
♪乾杯の歌

~E.エルガー~
♪愛の挨拶

「愛の挨拶」は実はプログラムにはありませんでした。
ちょっとしたサプライズでしたが、エルガーが婚約者へ婚約記念に贈った曲というエピソードにちなみまして、当日お越し下さったお客様へ愛と真心を込めて演奏致しました。



続いて、オーボエとピアノの二重奏です。
~A.マルチェッロ~
♪オーボエ協奏曲

オーボエもピアノも流れるような音を奏で、とても素敵でした。
よく指が絡まらないな…と思わず素人目線の感想を述べてしまいました。


続きまして、室内楽団副団長によります歌声をお届けしました。
~G.F.ヘンデル~
♪私を泣かせてください
♪オンブラ・マイ・フ

~J.ニュートン ~作詞
♪アメイジング・グレイス

本当にいつ聞いても心に響く素敵な歌声です。
どうしてか涙腺がゆるんでしまいます。


最後の曲はジュピターを全員でお届け致しました。
とても迫力があり礼拝堂が壮大な雰囲気に包まれました。


約1時間の演奏をお楽しみいただいた後は、ロイストンハースによる
心を込めたお料理とデザートのおもてなしです。
シェフの皆さんがお客様へサーブいたします。
Ryosuke氏作のメニュー表。
イースタエッグとイースターバニーが描かれています。
お天気もよくガーデンのお席で楽しまれる方もいらっしゃいました。
ロイストンハース不動の人気を誇る自慢のローストビーフ。
皆さまにも大変喜んでいただきました。

そして、皆さまお待ちかねのデザートタイム♥
テーブルには春をイメージした10種類以上のデザートがずらりと並びました。
パティシエから簡単な説明とちょっとしたミニ知識を披露してもらい
皆さま熱心に耳を傾けて聞いてくださってました。
お食事でお腹がいっぱいでもデザートは別腹!
皆さまパティシエの説明を参考に楽しんで頂けたようで良かったです。

斎田パティシエによるデザートの説明
アプリコットと紅茶のムースと苺のチーズケーキ
TODAY'S SPECIALとして登場した“春のロールケーキ”。
左側は斎田パティシエお得意のチョコレートトリュフ(苺とピスタチオの2種)です

終始お天気にも恵まれ、無事にイースターコンサート&ランチパーティーを行う事が出来ました。
お忙しい中ご参加下さった皆さま、誠にありがとうございました。
そして室内楽団の皆さま、ロイストンハースのシェフを始めスタッフのみなさま、
次回のランチイベントもどうぞよろしくお願い致します。

来週日曜日の27日は18時より礼拝堂にてイースター礼拝を行います。
どなたでもご参加いただけますので、是非皆さまご参加下さい。
当日は教会お庭でホットワインをご用意しております。
(ホットワインも春仕様のスペシャルレシピです♪)

それでは皆様、引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ。



山手ロイストン教会
045-625-1166