2016年4月12日火曜日

ロイストン教会の朝

本日のブログではロイストン教会の日常を少しご紹介したいと思います。

お仕事をされている方も家で過ごされる方も朝はまず掃除からという方も
多くいらっしゃると思いますが、ロイストン教会でも朝の仕事は
お掃除やお庭の手入れをします。

まずは掃き掃除です。
教会の敷地は約1000坪あり、緑も豊かなので落ち葉もその分たくさん出ます。
敷地内はもちろん周辺の道路もきれいに掃除をするのでなかなかの重労働です。

教会のお庭


A番館のお庭

本日の落ち葉は少ない方です

教会周辺の道路掃除
ご近所の方も「毎日ありがとう」と声をかけて下さいます

続いて、本日は毎日敷地内の植物の水やりをしてくださる方がお休みだったので
事務局のスタッフが手分けをして行いました。
春らしいお花の寄せ植え

ジョウロが重たいです

水をあげているのはクリスマスローズ
頭上にある藤の花も咲き始めとてもきれいです

冬みかんの木に虫がつき始めたので、早めの対処をしました。
今年の冬もたくさんの実がなってほしいです。
虫好きスタッフにしかできない任務です…
朝の掃除が終わった後は、それぞれ業務を進めます。
(そしてロイストンハースの美味しいまかないが待っています!!)

これが通常の朝の風景ですが、一通りこなすとすぐに1時間半くらいは経ってしまいます。
今日のように爽やかな日はとても気持ちがいいですね。
教会へは毎日様々な方が訪れますので、
皆様に気持ちよく過ごして頂くため日々のお手入れは欠かせません。

さて。
話は変わり、つい先日A番館のお庭に、ミモザとキンモクセイ、金柑等を植樹しました。
まだ苗木で小さいですが、これからの成長が楽しみです。

キンモクセイと金柑

ミモザの木
教会のミモザと比べるとまだまだ赤ちゃんです

別角度から
今週末日曜日の4月17日は一般開放日です。
桜は散ってしまいましたが、春のお花たちが咲き誇る敷地内を
是非散策しに来てくださいね。

それでは、みなさまどうぞ引き続き素敵な1週間をお過ごし下さい。


山手ロイストン教会
045-625-1166