2016年6月21日火曜日

教会の備品をお手入れしました

ここ数日はいかにも梅雨らしい、湿った空気と雨模様が続いています。

じめじめとした陽気の中、先週末に教会の皆で教会倉庫を少しお片付けし、
ホコリをかぶっていた教会のお道具を綺麗にしました。
大分綺麗になりました
当教会が建てられる際、多くの方が様々なものを寄贈して下さった中でも、数が多いものが聖水盤です。

分かりやすく説明いたしますと、その名のとおり聖水を入れる器を指し、洗礼を受けた方が礼拝堂に入退出する際、自身の洗礼を思い起こしながら、聖水で自身の指を濡らして十字をきる時に使用します。

キリスト教の中でもカトリック系の教会には置かれていることが多く、聖公会、一部のプロテスタント系においては置かれていることもあれば、洗礼の際にのみ使用する教会も多くあるようです。
(ちなみに通常山手ロイストン教会には置かれておりません)
木で作られたもの、陶器のもの、金属でできた物等など・・・
様々な種類があります。
写真だと分かり辛いですが、中央の真珠貝で作られた器部分に聖水を入れます
陶器でできた聖水入れ。それぞれに個性があります。
金属でできた聖水入れ。
写真で見るとわかりやすいですね。
ちなみにここでご紹介しているのは、教会にある物の中でもほんの一部です。

その他、オランダより寄贈された飾り皿もいくつか。
銅でつくられたお皿。とても立体的です。そして大きい!
こちらは更に古い物。中央の十字は木製です。
どちらのお皿にもオランダ語で
「私たちの日用の糧を今日もお与え下さい」と記されています。
ヨーロッパだとお家に飾る方もいらっしゃるみたいですね。

・・・と、綺麗になって満足していたところ、近々牧師先生が
日曜大工で教会内に棚を作り、これらのコレクションを飾って下さることになりました!

「美術館みたいですね」と言われることの多い山手ロイストン教会ですが、
今後訪れる方にも更に楽しんで頂けそうです。
展示が完成致しましたらまた改めてご報告いたしますので是非お楽しみに♪

尚、今週末の土曜日、6月25日は一般開放日となっております。
現在も古い聖書など展示しておりますので、キリスト教にご興味のある方、
古いものがお好きな方、お散歩中に立ち寄った方、などなど
どなたでも自由にご散策頂けますので、お近くにお越しの際は
是非お立ち寄りくださいませ。
尚、ご結婚式に関するご案内をご希望の方は事前にご連絡をお願い致します。

それでは、今週末も様々な方にお会いできることを楽しみにしております。
皆様も引き続き素敵な1週間をお過ごし下さいませ。



山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166