2016年6月28日火曜日

聖水盤のその後・・・

本日は梅雨らしい雨模様ですね。
少しは水不足が解消されればと思いましたが、ダムのある山間部では
あまり集中的に降らないので、まだまだ水不足は続きそうだということです。
なかなかうまくいかないものですね・・・

さて先週のブログでご紹介をしました聖水盤や飾り皿ですが、
その一部を早速牧師先生が飾ってくれましたので途中経過をご報告したいと思います。

マメな牧師先生、時間を見つけて少しずつ教会ホール横のお部屋に飾ってくれています。
このお部屋は一般開放でもお見せしていないお部屋ですので貴重なお写真かもしれません。
様々なタイプや大きさ、素材があるのでバランスをみて配置をしました。
種類がたくさんあり、牧師先生も頭を悩ませていらっしゃったようです。

このお部屋は特別礼拝(結婚式)の際や、演奏会時等、お控室として使用しております。
装いも新たに、皆様をお迎えしたいと思います♪





話は変わりまして、今年植樹をしたばかりのマートル(和名:ギンバイカ)、
嬉しい事に綺麗に花を咲かせてくれました!

以前のブログ記事で、ヨーロッパでは『愛の女神に捧げる花』として
ブーケや結婚式の花飾りに使用すると大変縁起が良いと言われている
とご紹介をした木です。
この場所でご結婚式をされるお二人とご参列の皆様への祝福の花として
お迎えできればと思っております。
尚、こちらは一般開放の際に開放をいたします洋館(A番館)のお庭にありますので、
一般開放でお越しいただく方々にもぜひ楽しんでいただければと思います。


こちらも今年もたくさんの実をつけてくれた、ベニバスモモです。
木で完熟したものを食べてみたのですが、味はプラムと似ていました。
とても甘いのですが、程よい酸味もありとても美味しい果物です。
事務局スタッフでいくつかつまみぐいしてしまいましたが、
完熟の実は全てロイストンハースさんにプレゼントしましたので、
素敵な何かに生まれ変わることでしょう。
事務局スタッフも楽しみです!

植樹した樹木が順調に花を咲かせてくれたり、実をつけてくれるととても嬉しいです。
皆様にも随時ご報告してきたいと思っておりますので、楽しみにしていて下さいね。

それでは皆様、引き続き素敵な一週間をお過ごし下さいませ。


山手ロイストン教会
TEL045-625-1166





0 件のコメント: