2016年11月8日火曜日

ミルト酒、はじめました。

徐々に肌寒くなり、冬の足跡が聞こえる季節になってきました。

女神の木としてブーケや結婚式の花飾りにすると大変縁起がいいことから、
今年A番館に植樹したマートルの木ですが、スクスクと成長して沢山の実をつけてくれました。
鉢植えだとなかなか実のつきが良くない木なのですが…地植えだからでしょうか?
そのまま食べても、正直あまり美味しくないのですが、
全て鳥さん達に食べられてしまうのももったいない…ということで、
マートル酒(イタリア、サルデーニャ島の伝統酒として知られています、ミルト酒のことです)を
作ってみることにしました!

インターネットで色々と調べ、出来る限り現地のレシピに近い形で作ります。

★材料★
◆マートルの実沢山!
◆アルコール度数の高いお酒(今回はアルコール度数50%のウォッカを使用しました)1ℓ
◆煮沸消毒した瓶

さあ!まずは収穫からスタートです♪
大量に必要なので、結構時間がかかります
第一陣、収穫完了です。
お水でしっかり洗った後は、新聞紙の上に広げてしばらく乾燥させます。

見た目は小粒のブルーベリーという感じ。
乾燥の為並べたついでに、混じってしまった枝や葉っぱも取り除きます
2~3日乾燥させたら漬け込み準備です♪
煮沸消毒した瓶に実とお酒をいれて…
ちょっと実が少なかったので、撮影後更に収穫して増量しました
このまま1カ月漬け込みます
あれ?果実酒なのに砂糖が入っていない…??
そう思ったあなた様、鋭いです!

本場のレシピによると、1カ月以上漬け込んだ後マートルの実を全て取り除くのですが
その際に砂糖を加える…という、漬け込み後に仕上げとして砂糖を入れるスタイルなのだそう。
尚、加えるお砂糖は必ずお水と一緒に火にかけ、シロップ状にしたうえで加えます。
ちなみに、実を取り除く際、つぶさずに取り除くときれいな琥珀色に、
潰しながら取り除くとぶどうジュースの様な紫色になるとのこと。

更に調べてみると、シロップではなくはちみつを使用するレシピもあるそうなので、
今回ははちみつ方式で仕上げたいと思います!

…ということで、
漬け込みが完了する頃にまたご報告をさせて頂きます。
美味しく出来ると良いのですが…楽しみです。
話は変わりまして、今年は11月21日(月)より敷地内がクリスマス仕様となります。
クリスマスの飾り付け後、最初の一般開放日は11月23日(水)ですので、
是非お近くにお越しの際は足を運んで下さいね。

それでは、皆様も引き続き素敵な1週間をお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会
TEL045-625-1166