2017年4月18日火曜日

プロムナードコンサートVol.5とイースター特別礼拝のご報告

先週の日曜日はお天気にも恵まれまして、無事にプロムナードコンサートとイースター特別礼拝を終えることができましので、本日はその報告をさせていただきます。

一昨年から始まりましたプロムナードコンサートですが、おかげさまで今回で、VOL.5を迎えました。
今回はフルート(大岡三佐子)ピアノ(釣川有紗)のコンサート。
プログラムは酉年にちなみまして鳥に関連する楽曲でお送りいたしました。


我々には見慣れた眺めでしたが、ピアノ奏者が相手奏者に背を向けて演奏するのは
演奏の呼吸を合わせるには、とても難しくあまりない配置だそうです。
そんな中での素敵な演奏に会場からは盛大な拍手が贈られました。



C.C.サン=サーンス
(動物の謝肉祭 より)
白鳥
大きな鳥かご

J.リヴィエ
優しい鳥

F.ボルヌ
カルメンファンタジー

吉松隆
(デジタルバード組曲 より)
鳥恐怖症
夕暮れの鳥
鳥回路

A.ヴィヴァルディ
ごしきひわ

J.シュトラウス2世
(歌劇 騎士パズマン より)
チャルダーシュ

アンコール
美女と野獣
乾杯の歌

聞き慣れた曲から、高度な演奏技術が必要になる楽曲、現代音楽など幅広い音楽で楽しませてくれるとともに、楽曲ごとに簡単な解説をしてくださるので、とても興味深く聞かせていただきました。
休憩後に演奏をされた「デジタルバード組曲」ですが、ご本人もとても緊張する曲だと言っていましたが、複雑な拍子とピアノとのかけ合いに、見ているこちらも息を吞むようでしたが本当に素晴らしい演奏でした。
アンコールでは、まさかの多数決で曲を決めるという流れになりましたが、会場のお客様の「両方とも演奏してほしい」とのお声に2曲演奏することとなりました。
とても楽しく、素敵なプロムナードコンサートでした。

今回お越しになった方も、そうでない方も、ぜひ次回のコンサートもご期待ください!!


そして、夕方にはイースター特別礼拝を行いました。
皆様と共に礼拝の時を持てました事、感謝いたします。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。


礼拝後にはホットワインをお配りいたしました。
ホットで良かったのかどうか不安になるほど暖かい日でしたが、今回は白ワインに甘夏を入れて作ってみました。
さわやかな香りとほろ苦さがとても美味しく、お客様にもスタッフにもなかなか好評でほっとしました。


以上、プロムナードコンサートとイースター礼拝のご報告でした。

それでは皆様、引き続きよい一週間をお過ごしくださいませ。


山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166