2017年6月13日火曜日

ユスラウメのコンフィチュール

関東も梅雨入りを迎えましたね。
この時期は「湿邪(しつじゃ)」による体調不良を感じる方が急増します。
自律神経が狂うことで、体内に水分をため込み代謝を悪くしてしまうので、
この時期は身体の内側を冷やさないよう気を付けながら
ショウガやニンニク、ネギを食べて代謝を促すようにして下さいね。

さて、先日収穫したユスラウメですが、
早速事務所でコンフィチュール(ジャム)を作りました。
作り方もとっても簡単なので、今回のブログでご紹介しようと思います。

①砂糖に漬けます。(今回は糖度40%くらいでしょうか。ほぼ目分量)
お砂糖をまぶします。今回は上白糖+てんさい糖のミックスです
砂糖の漬け込み時間が長ければ長いほど浸透圧で水分がでてきますので、煮詰める際楽になります。
今回は手早く30分程漬け込みましたが、一晩位置く方が後々楽ですよ。
②そのまま(水分ごと)鍋にうつし、中火で煮ます。
煮始めて少し経つとじわじわと水分がでてきます。
③煮ながら灰汁をとる。
④実が柔らかくなったらザルで種をとります。一番面倒な作業です。
可能であれば予め種を取っておくことをお勧めします。
ザルの上に置いて…
とにかく根気よく濾す!!
⑤種が取り除けたら、種以外を鍋に戻します。
ペクチン代わりのレモンを入れて再度煮るのですが、
糖度が高くないとレモン汁はペクチンとして固まりませんので要注意です。
敷地内に生っていた夏みかんを絞りました。
一気に水分が増えてしまい、煮詰めるのに時間がかかってしまいました…
⑥あとは弱火でコトコト煮詰めます。

⑦完成したら煮沸消毒した瓶にいれて保存してください。
パンに塗ったり、ヨーグルトにかけたり…お好みでご賞味下さい♪
事務局ではヨーグルトにかけておいしく頂きました~!
季節を感じる爽やかな味のコンフィチュールが完成です。
お砂糖控えめ(糖度低め)の為日持ちはしませんが、自然な味でとても美味!
特に手作りのフレッシュなものはお金では買えない美味しさです。
旬のフルーツがお安く手に入った時に是非お試しください♪

それでは、皆様引き続き素敵な1週間をお過ごし下さいませ。
体調に気を付けて、この季節を元気に乗り切りましょう♪



山手ロイストン教会
TEL:045-625-1166